株式会社アクアリノベーショントップページ > スマートハウス

スマートハウス

光熱費が安くなる暮らしを始めませんか!

太陽光発電のしくみ


太陽光発電のしくみ

太陽光発電システムで最も重要な構成機器は、
太陽光発電パネル(太陽電池)とパワーコンディショナの2点です。
その他に売電メーター、接続箱(昇圧回路)、ケーブル、発電モニターなどが必要になります。
発電した電気はまず家庭内で消費し、余っていたら売電メーターを通じて電力会社へ売却します。
夜間など太陽光で発電できない時は、電力会社から購入します。

設置までの手順

設置までの手順

施工実績

施工実績:太陽光発電システム

オール電化とは?

オール電化とは、ご自宅のお風呂やキッチンで使用しているガス機器を全て電気機器に替え替えてしまい、光熱費を電気代だけにしてしまうことを言います。
ガス給湯器をエコキュート(自然冷媒ヒートポンプ給湯機)に替えたり、ガスコンロをIHクッキングヒーターに替えるなどして「オール電化」にすると、ガス料金の基本料など無くなるだけではなく、電力会社の料金プラン「時間帯別電灯」を利用することで、電気代もコストダウンすることができます。
さらにガス機器と違って二酸化炭素も出さない、環境に優しいのも特徴の1つです。

電気料金プラン「従量電灯」から「時間帯別電灯」に変更することで、光熱費をコストダウンできます

オール電化でコストダウン

ご自宅のお風呂やキッチンではガス機器をご使用ですか? もちろんTVや冷蔵庫で電気も使用されていると思いますので、光熱費は電気代・ガス代両方支払っていることになります。どちらも全く使用しなくても基本料金は徴収されますので、これをどちらかに統一することで、一方の基本料金分がコストダウンすることになります。
ご家庭の機器を全てガス機器に替えることはできませんが、電気機器に統一することは可能です。

さらに各電力会社で用意されている電気料金プラン「時間帯別電灯」に変更することで、よりコストダウンすることができます。各電力会社でプラン名称は違いますが、内容はほぼ同じです。これらのプランの特徴は、通常の電気料金プランに比べ、夜間の電気料金が非常に安く設定されていることです(通常料金の約1/3!)
この時間帯にエコキュートで1日分のお湯を沸かしたり、洗濯や乾燥なども予約設定を利用して深夜におこなうことで、全体の光熱費を劇的に安くすることができます。
時間帯別料金プラン光熱費の約1/3は給湯費ですから、このプランをうまく活用するにはエコキュートを使用した給湯システムが前提になります。

各電力会社の時間帯別電灯プラン

北海道電力 ドリーム8 東北電力 やりくりナイト8・10
東京電力 電化上手 中部電力 Eライフプラン
九州電力 電化deナイト 北陸電力 エルフナイト8・10
関西電力 はぴeタイム 四国電力 得トクナイト
中国電力 エコノミーナイト 沖縄電力 時間帯別電灯
各電力会社の時間帯別電灯プラン:参考

設置までの手順

設置までの手順

施工実績

施工実績:オール電化

オール電化のメリット・デメリット

メリット
  • 光熱費の削減 エコキュートを導入した場合、深夜料金を踏まえたプラン(時間帯別電灯)を使用できますので、ランニングコストが圧倒的に安くなります。
  • 環境にやさしい 全て電気に統一されることで、家庭内での二酸化炭素排出がほとんどなくなり、省エネ・環境保護にも役立ちます。地球温暖化やCO2排出を考えると地球にとても優しい機器といえます。
  • ライフラインとして緊急時に使用可能 エコキュートは常にお湯を貯蔵している為、災害時の緊急用の水として使用可能です。
    また、おおむね電気・水道・ガスの順で復旧していきますので、オール電化にしていると生活のメドも立ちやすくなります。
  • 安心・安全 火を使わないので火災予防につながり、お子様のいる家庭にも安心してご利用いただけます。オール電化住宅では、一般の家庭よりも火災保険をお安くすることができるようです。
メリット
  • 停電になると使用できない オール電化ですので、停電時には作動停止します。しかし、現在のガス機器も電気を通じないと使用できないものがほとんどですので、オール電化だけのデメリットとはいえません。
    太陽光発電システムには停電時、緊急用として自立機能が備えられており、1.5kwまで使用できます。携帯電話の充電など非常時にとても便利です。
    >太陽光発電システムの詳しい情報はコチラ!
  • 初期費用がかかる オール電化はガスコンロや給湯器よりも初期費用が割高です。ただし、同時に支払うガス料金がなくなる事を踏まえると初期費用もかなり負担が軽減します。
  • スペースの確保が必要 エコキュートのタンクを設置する場所・スペースが必要になりますので、マンション等では設置が難しいようです。ただ、現在では、エコキュートが最初から設置されているマンションも増えてきているようです。
お問い合わせはこちらから
ページトップへ